ハンケチ

守袋イメージ

国産の上質な生地に、シルクスクリーンのハンドプリントを施し、

高級スカーフと同じ「千鳥縫い」の技術で仕立てた大人のための特別なハンケチ。

使うほどにその品質の違いを実感していただけます。

製品寸法:縦48cm × 横48cm
素材:  綿
原産地: 日本製

 

価格:1,500円(税込1,620円)〜2,000円(税込2,160円)

 

【お取扱い上の注意】
・お洗濯の際、洗濯ネットに入れていただくと生地や縫製のダメージを軽減でき、より永くお使い戴けます。
・蛍光漂白剤入り洗剤のご使用は避けてください。

tsubame-blue

燕(水色)

空を舞う姿が優美なことから、古くより様々な工芸品に描かれてきた燕。また農作物に付く害虫を食べてくれる事から、「富を守る益鳥」とされてきました。

1,500円(税込1,620)

tsubame-navy

燕(紺)

空を舞う姿が優美なことから、古くより様々な工芸品に描かれてきた燕。また農作物に付く害虫を食べてくれる事から、「富を守る益鳥」とされてきました。

1,500円(税込1,620)

sugibishi

杉菱

杉の枝ぶりを大胆にディフォルムして描いたデザインです。杉の語源は「直木=すぐき」とされ、成長が早いことと、天に向かって真直ぐに育つ様子から「成長・実直」を表す縁起柄とされていました。

2,000円(税込2,160)

shizukuchidori-yellow

滴千鳥(黄色)

群れをなして空を飛ぶ千鳥は、昔から身近な意匠として様々に描かれてきました。また、千鳥=千取り(多くのものを得る)の語呂合わせから縁起が良いともされています。人気の千鳥柄を、水滴のように描いたデザインです。

1,500円(税込1,620)

shizukuchidori-azuki

滴千鳥(小豆色)

群れをなして空を飛ぶ千鳥は、昔から身近な意匠として様々に描かれてきました。また、千鳥=千取り(多くのものを得る)の語呂合わせから縁起が良いともされています。人気の千鳥柄を、水滴のように描いたデザインです。

1,500円(税込1,620)

shima

江戸時代中期より木綿の流通と共に縦縞が流行し、町人の服装として普及しました。一見普通のストライプに見えて、実は手描きの柄。広げてよく見れば微かな線の揺らぎが見えてきます。

1,600円(税込1,728)

seizu-pink

星図(ピンク)

江戸時代(1801年)に木版刷りで発行された、当時の星図「平天儀図解(ひょうてんぎずかい)」を元にデザインした柄。現代の私達が知るギリシャ星座とは異なる星座が描かれています。

1,800円(税込1,944)

seizu-blue

星図(青)

江戸時代(1801年)に木版刷りで発行された、当時の星図「平天儀図解(ひょうてんぎずかい)」を元にデザインした柄。現代の私達が知るギリシャ星座とは異なる星座が描かれています。

1,800円(税込1,944)

aboshi-red

網干(赤)

漁師が浜辺に網を広げ干している様を描いた柄で、着物の伝統的な文様として古くより描かれてきました。このデザインでは手描きのタッチが柔らかな、ポップな雰囲気に描かれています。

1,500円(税込1,620)

aboshi-yellow

網干(黄色)

漁師が浜辺に網を広げ干している様を描いた柄で、着物の伝統的な文様として古くより描かれてきました。このデザインでは手描きのタッチが柔らかな、ポップな雰囲気に描かれています。

1,500円(税込1,620)

arare-navy

あられ(紺色)

手描きのあられを散らした、オーソドックスながらも味わい深い柄。小風呂敷としても使い易いデザインです。

1,600円(税込1,728)

arare-beije

あられ(薄小豆色)

手描きのあられを散らした、オーソドックスながらも味わい深い柄。小風呂敷としても使い易いデザインです。

1,600円(税込1,728)

amimeniikari

網目に錨

網目は漁師が魚を捕る網。「幸運を手繰り寄せる」という意味があります。また一方、錨は舟が流されないようにするためのもの。「一所に根を下ろす、ふんばる」といった意味が込められています。

1,500円(税込1,620)

matasukawabishi-navy

松皮菱(紺色)

菱形を重ねた幾何学模様の一つで、松の樹皮を剥がした時の形に似ている事から松皮菱と呼ばれます。松は常緑を絶やさず、また根の張り方がいかにもどっしりとしている様から「長寿延命」「一所に根を下ろす=主君に忠義を尽くす」と、武家の間で好まれた文様です。

1,600円(税込1,728)

matsukawabishi-yellow

松皮菱(黄色)

菱形を重ねた幾何学模様の一つで、松の樹皮を剥がした時の形に似ている事から松皮菱と呼ばれます。松は常緑を絶やさず、また根の張り方がいかにもどっしりとしている様から「長寿延命」「一所に根を下ろす=主君に忠義を尽くす」と、武家の間で好まれた文様です。

1,600円(税込1,728)

koushigyougi-blue

格子行儀(水色)

手描きの線で描いた格子を並べた柄。「行儀」の由来は、キモノの文様で四角形を縦横に規則正しく並べた柄を「行儀柄」と呼ぶ事から。手描きの柔らかさを持ちながらも、スッキリとした印象のデザインです。

1,700円(税込1,836)

koushigyougi-pink

格子行儀(ピンク)

手描きの線で描いた格子を並べた柄。「行儀」の由来は、キモノの文様で四角形を縦横に規則正しく並べた柄を「行儀柄」と呼ぶ事から。手描きの柔らかさを持ちながらも、スッキリとした印象のデザインです。

1,700円(税込1,836)

fundoutsunagi

分銅つなぎ

分銅は重さを計る際に使われた重りで、文字通り銅で作られていました。金銀を量るものとして大切にされ、財を象徴する縁起柄の一つとして用いられています。

1,500円(税込1,620)

hanakomon-green

花小紋(緑)

愛らしい小花を一面に散らした柄。4枚の花弁が十字状についた花を「十字花(じゅうじか)」と呼び、アブラナなど身近な草花にも多く見られます。古くより様々な意匠として描かれてきたモチーフです。

2,000円(税込2,160)

hanakomon-navy

花小紋(紺色)

愛らしい小花を一面に散らした柄。4枚の花弁が十字状についた花を「十字花(じゅうじか)」と呼び、アブラナなど身近な草花にも多く見られます。古くより様々な意匠として描かれてきたモチーフです。

2,000円(税込2,160)

fujisan

富士山

古くより霊山として信仰され、日本の心のアイコンともいえる富士山。「富士=不二」の語呂掛けから二つと無い尊い物の象徴として描かれてきました。

1,600円(税込1,728)