守袋とは0

 

「守袋」とは、江戸時代の人々が御守りや護符を入れて懐中に忍ばせた小さな袋。現代では「お数珠・印鑑・お薬・アクセサリー・デジタルギア」など、御守りにこだわらず、身の廻りの大切なものを入れる小袋として様々にお使いいただいています。

 

 

もともと江戸の粋人たちが好みの縁起柄を誂えで染め抜き、その粋を競い合ったといわれる「守袋」。
工房で一つずつ絵を描き、染め抜かれた文様は、歴史の中で育まれた縁起柄で、日々の安寧や幸福を祈る柄ばかり。

 

自分用にお気に入りの柄を見つけて、また選んだ柄によって贈り手の想いを伝えるギフトとしてご利用ください。
日々の暮らしの中に根付いた、ひたむきな「願い・祈り」を象徴化する袋です。