ポンピン堂について



ポンピン堂は、江戸型染め屋「更銈」の当代と、デザイナー大野耕作が手がける

生活雑貨を作る工房として2002年に始まりました。

以来、型染めを中心として、日本各地の優れた作り手とともに、様々な製品をデザイン・製作してきました。

日本の長い歴史の中で生まれた手仕事に、現代的なデザインを取り入れ、

日常の暮らしの中で気軽に使えるカタチにすること。

この小さな試みの継続が「伝統」を現在に繋げるということだと考えます。

きちんと手間をかけた手仕事には、製品の奥に宿る温かさがあります。

この「温度」が伝わるモノ作り、それこそがポンピン堂の目指すところです。

ポンピン堂代表 : 大野 耕作