製品情報> 合財袋
「一切合切入れて持ち歩ける」ことから合財袋と呼ばれています。江戸の町人の間では、各々が好みの縁起柄を袋に染め抜き、互いに粋を競ったという謂れがあります。 会津木綿の伝統的な織布で仕立てた袋の上に、型染めの技法で 柄を染め抜きました。(裏側にもワンポイントで模様が染め抜かれています。) 小物を整理するインナーバッグとしてもお使い頂いています。
PreviousNext