製品情報> 守袋
「守袋」は護符を入れておくための小さな袋で、江戸時代の庶民の間で広く普及していました。自分の好みの縁起柄を袋に染め抜いて、互いにその意匠を競ったという謂れがあります。 小型のデジタルカメラが丁度納まるサイズで、その他にもお数珠・印鑑・小銭・アクセサリーと大切なものを入れる袋としてお使い頂いています。 桐箱の中には一つ一つ柄の縁起由来の説明が添えてあり、贈り手の気持ちを伝えるギフトとしても好評です。
PreviousNext