製品情報> 万寿菊-菜の花色

万寿菊-菜の花色

菊は「百花の王」と呼ばれ、花弁が放射状に広がる様から、太陽の象徴とされました。
また、古くは不老不死の漢方薬として用いられました。江戸中期の画家・尾形光琳が描いた、極端にディフォルムされた菊を元にデザインしました。

  • サイズ:外寸 縦16.3cm / 横28cm (サイズにつきましては下※印をご覧下さい)
  • 素材:綿100%
  • 価格:本体1,500円+税
  • ※有効内寸は本の高さが15.2mmとなっております。ハヤカワトールサイズ文庫、徳間デュアル文庫など一部の特殊なサイズには対応しておりません。ご不明な場合は工房までお尋ね下さい。