製品情報> 柳-裏柳色

柳-裏柳色

江戸時代から水辺に植えられてきた樹木で、柳は木肌が白いため「清浄・潔白」を表すとされます。また春一番に芽吹く様から生命力の象徴ともされ、たいへん縁起が良い植物とされてきました。風にたなびく柔らかな姿が好まれ、古くから様々な意匠として工芸品に描かれてきました。

  • イメージ1サムネイル
  • イメージ2サムネイル
  • イメージ3サムネイル
  • サイズ:外寸 縦16.3cm / 横28cm (サイズにつきましては下※印をご覧下さい)
  • 素材:綿100%
  • 価格:本体1,500円+税
  • ※有効内寸は本の高さが15.2mmとなっております。ハヤカワトールサイズ文庫、徳間デュアル文庫など一部の特殊なサイズには対応しておりません。ご不明な場合は工房までお尋ね下さい。