南瓜

江戸時代の南瓜は瓢箪型で、江戸で「とうなす」と呼ばれていました。カロチンやビタミンなど栄養豊富なため、医学の発達していない古くより「食せば病を知らぬ長寿延命の野菜」と言われてきました。また中身の黄色は風水の魔除け・厄除けの色ともとされています。

  • イメージ1サムネイル
  • イメージ2サムネイル
  • サイズ:縦90cm / 幅35cm (製品により若干の誤差があります)
  • 素材: 綿100%
  • 価格:本体1,200円+税