浅草の型染め工房
本品堂


本品堂(ぽんぴんどう)はデザインを担当する大野耕作と、慶応3年から続く型染め屋「更銈」(さらけい)5代目の工藤資子による「文様」をテーマとしたブランドです。千鳥、燕、変わり七宝、富士山……といった日本伝統の文様を、「日常で使う」ことで身近に感じてほしい。そんな思いで活動しています。

そもそも、文様とは何か?

文様とは、自然の造形や日常の文物をもとにして人が「図案化」したものです。そこには、生活をしている人々が見ている視点や、大切にしている物事が映し出されています。国や民族や地域や宗教といった枠組みにそれぞれ固有の文様があり、日本では特に数多くの伝統的な文様が残されています。本品堂はそんな日本伝統の文様を伝える継承者として、また文様に新たな価値を見出し発展させていく現代のクリエイターとして、文様を使ったアイテムを生み出しています。 文様はそれぞれに意味を持ち、奥深い背景を秘めています。しかし同時に文様は、その見た目だけでも、粋で、素敵で、ユニークで、楽しくなるものです。まずは「かわいい」「この絵柄が好き」という気持ちだけでもOK。「生活の中に文様がある楽しさ」に触れてみてください。

 

 

文様って何がいいの?
「グラフィックとしての洗練と長い時間の中で込められた物語」

伝統文様ははじめから伝統だったわけではなく、長い歴史の中で残ってきたものがこの時代に伝統文様と呼ばれています。古くは鎌倉時代にまで遡れるものもあり、江戸期には文様が象徴的かつ単純化し、デザインが磨かれ、洗練されていきました。

文様には様々な意味や願いが込められています。たとえば「千鳥」は目標達成や勝運祈願、「七宝」には平和・円満、子孫繁栄という意味があり、かつての人々は文様が示す意味を知りつつその身にまとっていました。
文様はこのように、デザインの面と、そのデザインが意味するもののふたつが大きな魅力です。 これらは長い時間の積み重ねで育まれてきたものです。ただし、伝統文様といっても規格が決まっているわけではありません。
本品堂では文様を現代で愛されるグラフィックにするべく、残ってきた伝統文様そのままではなく、本品堂が翻案・リデザインしています。なぜなら、古典であることそのものに文様の価値があるのではないと考えているからです。
日本は往々にしてハイコンテクストな社会と言われているように、わかる人にはわかる、そうでない人には関心を持たれないことが多く存在します。文様もまた、そのモチーフと意味とのつながりが、時代を経ることで簡単に失われてしまうものです。
デザインの楽しさや豊かさと、それが意味するもののおもしろさを味わい、人間の生活と関わりあっていく。それこそが文様が持つ価値だと思っています。意匠や意味を過去から引き継ぎつつ、現代の人に魅力を感じてもらえるように翻案するのが、本品堂の仕事です。

本品堂のデザインとは

デザインをする上で大野が考えているのは、機械には引けない「丸みのある線」、人が作った「手の温度が伝わる線」で形を作ることです。大野が好きな美術作品からの影響や、そもそもかつて文様の図案がそのような手仕事で作られてきたことへの敬意が背景にあります。安易に古典をトレースすることはせず、形や線ひとつ作るのにも「この文様の本質とは?」「どうすれば文様の魅力を感じてもらえるか?」と大いに悩みながら作り上げます。 写実から図案になる表現の飛躍に関心がある、と大野は言います。たとえば、燕を燕たらしめているものはなんだろう? 雀とはどう違うんだろうと考える。遠くから見たら同じ「鳥」ですが近くからだとまるで違う形をしてることがわかります。 あるいは菖蒲。実際はもっと複雑な形の花弁ですが、それを十字で表すというクリエイティブな跳躍をさせる。これは群としての菖蒲の形を限界まで単純化したものといえます。 このようにミクロとマクロの視点を組み合わせながら、対象の本質を選び取るようにデザインをし、かわいらしくも漫画やキャラクターにならないギリギリの「デフォルメ」を目指しています。そこに文様の意味が乗ることで、伝統的であり、グラフィカルであり、歴史的な意味が込められていて……という幾層ものレイヤーが重なった、本品堂らしい「大人が持ちたいかわいらしさ」があるアイテムが誕生します。そして、最も大切にしているのは次の点です。

そういうものを、日常で使うということ

守袋「招き猫」

文様は「古いものだから良い」のではありません。またわたしたちは「途絶えてしまいそうだから守っている」のでもありません。文様は現代でもなお、そのデザインや意味するものが素敵であることが良いのです。たとえば、日常の持ち物で好きな色や好きな形、好きな素材があるように「好きな文様」もありうると思っています。本品堂のアイテムは、そうして日々使ってもらうためにあります。本品堂の「守袋」をデザインを気に入ってくれる人もいれば、文様の意味を含めて持ち歩きたいと使う人もいます。「ハンケチ」も同様です。デザインでも意味でも構わないので、自分にとって心地よくなるもの、気分をプラスに変えるものとして文様を日常で使ってほしい。色や形や素材のように、好きな文様を探して選んでほしい。それが文様に携わるわたしたちの願いです。