守袋「桜」 ●4月30日までの季節限定発売
守袋「桜」 ●4月30日までの季節限定発売
守袋「桜」 ●4月30日までの季節限定発売
守袋「桜」 ●4月30日までの季節限定発売
守袋「桜」 ●4月30日までの季節限定発売
守袋「桜」 ●4月30日までの季節限定発売
守袋「桜」 ●4月30日までの季節限定発売
守袋「桜」 ●4月30日までの季節限定発売
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 守袋「桜」 ●4月30日までの季節限定発売
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 守袋「桜」 ●4月30日までの季節限定発売
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 守袋「桜」 ●4月30日までの季節限定発売
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 守袋「桜」 ●4月30日までの季節限定発売
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 守袋「桜」 ●4月30日までの季節限定発売
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 守袋「桜」 ●4月30日までの季節限定発売
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 守袋「桜」 ●4月30日までの季節限定発売
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 守袋「桜」 ●4月30日までの季節限定発売

守袋「桜」 ●4月30日までの季節限定発売

通常価格
¥2,750 (税込)
販売価格
¥2,750 ()
通常価格
¥2,750 (税込)
売り切れ
単価
あたり 
配送料¥330
¥11,000以上お買い上げの方は送料無料
配送料は購入手続き時に計算されます。

日本のこころを象徴する花

●期間限定柄

3月9日から4月30日までの期間限定製作となります

今年も季節の限定柄「桜」の季節がやってきました。
桜の繊細な空気感を、控えめな色合いで表現したデザインは、男性にも女性にも人気の一品です。「桜」は、守袋ほか合財袋・型染めポーチ・型染め額装もご用意しております。

 

●季節限定柄【桜=さくら】

日本で最も愛される花の一つで、生命力と成功の象徴とされます。「さくら」という言葉は、日本の古語では「稲作を司る神様の座すところ」という意味を持っていました。冬の間、山にいた神様が、春になると里に降りてきて、桜の花にお座りになる(花が咲く)。すると、神様の力が田畑に降り注ぎ、農作物が芽吹き成長するーと言い伝えられていました。健康祈願・開運招福を意味する文様です。

●守袋とは

「守袋」とは、江戸時代の人々が御守りや護符を入れて懐中に忍ばせた小さな袋。現代では「お数珠・印鑑・お薬・アクセサリー・デジタルギア」など、御守りにこだわらず、身の廻りの大切なものを入れる小袋として様々にお使いいただいています。
もともと江戸の粋人たちが好みの縁起柄を誂えで染め抜き、その粋を競い合ったといわれる「守袋」。ポンピン堂工房で一つずつ絵を描き、染め抜かれた文様は、歴史の中で育まれた縁起の良い柄ばかり。ご自分用にも、気持ちを込めたギフトとしても、長年ご好評戴いている一品です。 伝統的な「型染め」の技法をベースに一つひとつ文様を染め抜いた守袋。
何度も人の手を掛けることで、風合いの優しさ、柔らかさが生まれました。

 

●製品の仕様

【サイズ】縦13.7cm × 横10cm(桐箱入り)
【桐 箱】縦17cm × 横11.5cm × 高さ2.2cm
【素 材】表地:綿 / 裏地:ポリエステル / 紐:レーヨン
【原産地】日本製

 

●お取扱い上の注意

・伝統的な織布を使用し手仕事で一つ一つ作られているため、サイズに若干の個体差がある場合がございます。ご了承下さい。
・水に濡れたまま放置されると色移り等の原因となる場合がありますのでご注意ください。