本品堂 ポンピン堂 守袋 合切袋 縁起物セット 申 さる 干支 文様 型染め 更銈 テキスタイル
干支縁起物セット<守袋+合財袋>「申」
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 本品堂 ポンピン堂 守袋 合切袋 縁起物セット 申 さる 干支 文様 型染め 更銈 テキスタイル
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 干支縁起物セット<守袋+合財袋>「申」

干支縁起物セット<守袋+合財袋>「申」

通常価格
¥6,930
販売価格
¥6,930
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。


【申=さる】

申は「鬼が去る(さる)」の語呂掛けから、厄除祈願・開運招福の意が込められています。烏帽子を被った猿は伝統芸能の踊り「三番叟」を表し、五穀豊穣・子孫繁栄への願いを象徴しています。

●干支縁起物セットについて

大切なものを入れる小袋「守袋」と、インナーポーチ感覚で使える大ぶりな巾着「合財袋」を同じ文様で大小揃えたセットです。愛らしい文様が親子のように並べば、可愛さ倍増。お気に入りの文様を揃いで持つお洒落感は、さり気なくバッグから出して皆んなに自慢したくなります。
   「守袋」とは、江戸時代の人々が御守りや護符を入れて懐中に忍ばせた小さな袋。現代では「お数珠・印鑑・お薬・アクセサリー・デジタルギア」など、御守りにこだわらず、身の廻りの大切なものを入れる小袋として様々にお使いいただいています。   一方、「身の廻りのもの一切合財放り込んで持ち歩ける」ことから合財袋と呼ばれる、大ぶりな巾着。浴衣や着物に合わせるだけでなく、バッグの中でインナーポーチ感覚での使い方が人気の一品。裏面にもワンポイントが染め抜かれ、粋な遊び心を感じられます。   もともと江戸の粋人たちが好みの縁起柄を誂えで染め抜き、その粋を競い合ったといわれる「守袋」と「合財袋」。ポンピン堂工房で一つずつ下絵を描き、染め抜かれた文様は、歴史の中で育まれた縁起の良い柄ばかり。ご自分用にお気に入りの文様を選んで使うのもも勿論、贈り手の想いを伝統文様の意味に重ねてお伝えする「想いのギフト」としてもたいへん喜ばれています。

●製品の仕様

<守袋>
【サイズ】縦13.7cm × 横10cm(桐箱入り)
【桐 箱】縦17cm × 横11.5cm × 高さ2.2cm
【素 材】表地:綿 / 裏地:ポリエステル / 紐:レーヨン
【原産地】日本製

<合財袋>
 【サイズ】縦22.5cm × 横19cm(袋本体)
【素 材】表地:綿 / 裏地:ポリエステル / 紐:レーヨン
【原産地】日本製

●お取扱い上の注意

・伝統的な織布を使用し手仕事で一つ一つ作られているため、サイズに若干の個体差がある場合がございます。あらかじめご了承ください。
・水に濡れたまま放置されると色移り等の原因となる場合がありますのでご注意ください。