本品堂工房メールマガジン「日々雑想」第8号

マスクのこと

新型肺炎も、全国的にようやく鎮静化へと向かっているようでホッとしています。皆さまお変わりなくお過ごしでしょうか。まだまだ完全な収束に向けて油断はできないと思いますが、まずは一息つけそうな様子。(関東はまだもう数日の我慢でしょうか…)この2ヶ月ほどしんどかった分、心の息継ぎをしたいところです。
 
先日の発売開始から、マスクの欠品が続いており申し訳ありません。
実は、当初マスクを作ることは考えていませんでした。ところがある日、お客様から「ポンピン堂のハンケチでマスクを作ろうかと思ったけど、まわりの千鳥縫いが綺麗すぎてハサミを入れることが出来ない。生産の予定はないか?」というご連絡をいただきました。ちょうど同じ頃、ハンカチのハンドプリント/縫製をお願いしている職人さんに連絡したところ、このコロナの影響で仕事が激減しているとのこと。いつも本当に良い仕事をしてくれる職人さん達。こんな時こそ何か力になれる事はないだろうか?
 
前後して工房にもマスクのお問合わせがポツポツと。そうか、ポンピン堂にマスクを期待してくださっている方々がいる。職人さん達は仕事がなくて困っている。僕たちに出来ることは小さいかもしれないけれど、こんな時こそ作り手として何かできる事はないかーと、一転して急きょ企画に取り掛かることになりました。
 
そこからは大急ぎでサンプル試作〜修正を重ね、即生産へ。
まず手元にある生地を使って届けられるところからーと考えて作り始めたけれど、当初考えていた以上の反響をいただき仰天。ありがたいと思う一方、こりゃ大変(!)だと工房はてんやわんやの大騒ぎ。

先日、2度にわたって売り出されたマスクは、発売からわずかな時間ですぐ完売となってしまいました。中には1−2日後にご連絡いただいて「発売知らなかった…」という方も。みなさん焦ってお買い物していただかなくてはならない状況が、とても申し訳なくて。
ポンピン堂のお買い物スタイルとしても、じっくり悩んでいただいて大切な一つをお選びいただくことが多いので、私たちも戸惑ってしまいました。
 
そこで、次回は焦らずじっくり検討してお求めいただきたく、予約販売の形をとります。まだ詳細は未定ですが、6月初旬頃から予約注文を受け付けて、6月末頃から出荷できたらーと大急ぎで職人さんと調整を進めています。今より暑くなっている頃なので「夏仕様」で作ります。柄や生地も、少し涼やかな仕様になる予定です。詳細が決まり次第、すぐご案内させていただきます。
 
そして現行の「春仕様」のマスクは、来週にもう一度だけオンラインストアで販売を行います。「春仕様」はこれが最後の入荷となります。現在工房で発売予定日を調整していますが、メルマガ購読会員のみなさまには、予定決まり次第優先的にご案内させていただきますので、よろしくお願いいたします。

●「つばめ特集」
オンラインストアで「つばめ特集」ページを公開しています。渡り鳥である「燕」、遠くはオーストラリアから海を越えて日本に飛来するってご存知でしたか!?古くから文様として好まれてきた理由や由来についてもご紹介しています。ハンケチ・ブックカバー・守袋といった定番製品のほか、合財袋・小座布団の新製品もお目見えし、燕尽くしの特集です。ぜひご覧ください。
 
●送料無料キャンペーン●
送料無料キャンペーン、もう少し期間を延長を検討中です。現在は引き続き無料でご利用いただけます。ご注文金額にかかわらず、何度でも送料無料でご利用いただけますので、ぜひご利用ください!

●「手ぬぐい」販売再開します
事情があって数年前から販売を休止していたポンピン堂の手ぬぐいですが、休止中も多くの方からお問合せをいただいていました。
色々考えた末、数年ぶりに販売を再開いたします。まずは工房にある7柄、在庫はあるだけの売り切りとなります。来月以降には新しい柄も出したいなぁ…と考えています。どうぞよろしくお願いいたします。