本品堂工房メールマガジン「日々雑想」第10号

送料無料キャンペーンの終了と新しい送料について

● 送料改定について ●
 
送料無料キャンペーンを始めてから2か月半。ご近隣のお客様が多いのではと思いきや、いざ始めてみると、通常と比較してもとても多く日本各地からご注文があり嬉しい驚きでした。
 
皆さん、うちのような小さな工房をどこでご覧くださったのだろう?こういう時は仕事をしていて本当に嬉しい気持ちです。ありがとうございます。
 
各地の方からお求めいただいて「やっぱり(特に遠方の方は)送料が高いと気軽に注文しにくいよね…」と実感。まだまだ外出には気を遣う日がある事を踏まえると、このまま通常の送料に戻すわけにはいかないな…という思いと、工房の送料負担額の現実とで悩んでいました。
 
【 全国一律 送料300円(税込330円)、1万円以上は送料無料 】

そこでまた当面のあいだ、送料を上記のようにさせていただくことにしました。
7月1日以降のご注文が、新送料でのお届けとなります。どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
● マスクの撮影 ●
 
夏マスクの撮影も、女性モデルでお目汚し工藤が登場しております。型染め職人!工藤、通販主任?工藤と色々おりますが(同一人物です)モデルが最も大変です。コロナ禍で、他の方にモデルさんに気軽に頼めないこともあるのですが、お店にいらしていただいたことのある方に「あーあの人か」とサイズ感についてお分かりやすいかと思い、やらせていただきました。

いざ始めてみると・・・「難しい顔しないで」と何度も、カメラ担当の大野にダメ出しされました(笑)緊張して顔が固い。すいません…。 横の男性モデル(鈴木くん)は動じない。あれですかね、若い人は自撮りとかで慣れてるんですかね(笑)。

撮影のあいだ、3人で好きなどら焼きについて語り合って、緊張をとってもらいました。東東京エリアにしぼり(ほかの地域も言い出すときりがない)、甲乙付け難いが、鈴木くんは東十条「黒松」、大野は浅草「亀十」、私工藤は上野「うさぎや」。皆で、意見が見事に分かれたところで大笑い、カシャ。面白かったけどもう当分やりたくなーい!
 
 
書き手:工藤

● ひとりごと・父の日のこと ●
私の父の日の記憶は20年前で止まっており完全に思い出の世界だ。ケンカもしたような気もするが、今となっては良いこと楽しかったことばかりを思い出す。
 
そして、ありがとうっていう言葉を伝えることの大切さを居なくなってからひしひしと感じる。やっぱり一緒にお酒を飲んでみたかったなあ。


● 父の日ギフトの発送 ●
父の日の贈り物は18日までの申し込みで21日お届けが可能です。心を込めて制作させていただきます。

 

● 雑誌掲載のお知らせ ●

「買いもの七緒 2020」
着物雑誌の七緒さんのムック本「買いもの七緒」に掲載いただいております。表紙にも合財袋「兎」、座布団「向かい鳥」を載せていただいています!
 
「交通新聞」
6/12金曜日 文化・コラム「街道の老舗56」に掲載いただきました。鉄道関係の業界誌なので、一般の方の目に触れる機会は少ないかもしれませんが…鉄道情報などが盛りだくさんでお好きな方もいらっしゃるのでは。