本品堂工房メールマガジン「日々雑想」第19号

守袋・秋の新柄たち

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

お守袋に3柄の新作が出ました。
うずら・南瓜・菊
 
うずらは大野の描きおろしでオリジナル。鳥好きの大野らしい(そして本品堂らしい)柄に仕上がりました。地面の上をチョコチョコ歩く姿そのものですね。
うずらと日本人の関わりは古く、平安時代ごろからと言われています。家禽化したのも日本。キジ科で本種は渡り鳥というのは意外です。それにしてもかわいらしいですね。
 
一方、南瓜。きりりと男前な雰囲気です。この柄も大野のオリジナルで、手ぬぐいやブックカバーなどに描いていました。やはり健康を祈る柄をご希望される方が多く、守袋の新作として登場しました。秋の文様の【柿】【栗】は3つコロンとした可愛らしい雰囲気で、やはり南瓜も揃えて小さく三つ並べようかと悩んだのですが、南瓜は南瓜として南瓜らしくひとつドン!と描くことにしました。存在感があって、健やか。まさに健康そのもののイメージになりました。
 
菊は前回のメルマガでも触れましたが、どちらかというと野菊をイメージしました。
百花の王とも言われていますが、この菊は小さなお姫様たちみたいですね。とても品よく仕上がった一品です。こちらも厄除けと健康の祈りを。
 
3種類の可愛らしい守袋。オンラインストアに並んでおります。
インスタグラムにも順次アップしてゆきますので、ぜひぜひご覧くださいませ!
 
 

書き手:工藤資子
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●POP-UPショップのお知らせ●
 
熊本県の「蔦屋書店・熊本三本坂店」さんにてイベントを開催中です。期間は11/9まで。地下1階ポップアップイベントショップコーナーにて
 
熊本に向けて選りすぐりの守袋(画像)と、合財袋、ポーチ、お座布団とぬいぐるみも少量ですがお持ちしております。お近くの方はぜひお越しください!

●包装紙が新しくなりました●
 
ロゴデザインに合わせて、工房の包装紙が新しくなりました。向い鳩のマークをシンプルに散らしたデザインで、赤の熨斗シールがとっても映えるデザインです。先日の発送分からすでに使用が始まっております。
 
まだ見慣れないせいか、私たちも包んでいて新鮮な気持ちになります。¥110の有料ではございますが、心を込めてお包みいたします。贈り物の際にはどうぞご利用くださいませ!