本品堂工房メールマガジン「日々雑想」第22号

守袋・年末年始限定柄「梅に丑」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
年末年始の恒例となっている、干支の限定柄。今年はお待たせしておりましたが、ようやくリリースの運びとなりました。限定柄「梅に丑」を、11月13日金曜日から1月15日金曜日までおよそ2か月の間、オンラインショップで販売いたします。
 
牛は学問の神様「菅原道真公」の乗り物とされ、道真公を象徴する梅の柄には「知恵・知性・清楚」の意が込められています。また「丑」の字は二つの物の合わさる境を意味し、一つの事が終わり新しい事が始まる「転換」を象徴します。開運招福・家内安全・学業成就を意味する文様です。今年はなかなか良いデザインが浮かばず、何度も試作しては描きなおし…を繰り返しました。最後の最後で愛らしい丑に出来たと思っています。新しい年を迎える準備に、また大切な方へのご挨拶・贈りものに、ぜひぜひご覧ください。
 
 
ところで、この10年以上恒例となっていた年末年始「大宮駅構内エキュート」のイベントですが、今年は出店を見合わせることにしました。楽しみにしてくださっている方々、大変申し訳ありません。ほぼ全ラインナップがご覧出来る本品堂にとっても大きなイベントの一つで、毎年私たちも必ず常駐して、店頭で多くの方々とお会いできるのを楽しみにしておりました。しかし今年は新型コロナのことがあり、小さな工房内でもしスタッフの誰かが罹患した場合、営業を続けることが困難になってしまう可能性があることから、話し合いを重ねた結果、開催を見合わせることに決定いたしました。私たちも大変残念な想いですが、また別のイベントの機会など、皆様にお目にかかれることを心待ちにしております。

代わりと言っては何ですが、オンラインストアで文様や製品の魅力をお伝えできるよう、幾つかの準備を進めております。また年末年始のギフトについてのご相談もお受けしております。「贈りものにオススメの文様」など、ぜひお気軽にメールください。皆さまのお気持ちにピッタリの文様を探すお手伝いをさせていただきます。
オンラインストアでは日々、日本全国からのご注文をいただいております。これからも、もっと全国の皆さんに喜んでいただけるような企画をしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします!!

 
 
書き手:工藤資子(丑文様の意味:大野耕作)
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

● 工房販売会の御礼 ●
 
土・日の工房販売会にお越しいただいたお客さま、誠にありがとうございました。やはり直にご覧いただいたり、ご説明させていただいたりすることの幸せを実感しております。地元から、遠くから、お越しいただき感謝の気持ちでいっぱいです。
 
また販売会の企画をさせていただきたいと思います。誠にありがとうございました。
 
なおイベント以外でも直接ご覧になりたい場合、ご来店ご予約が可能です。販売会のような広いスペースの陳列はございませんが、ご希望の商品をお出ししてお待ちしております。工房までメール・お電話でお気軽にお問合せください。何卒よろしくお願い申し上げます。

● 年末年始に向けて ●
 
2020年も残すところあと2か月を切りました。本品堂のスタッフはおりませんが、いくつかポップアップショップも展開します。
 
11/28~誠品生活日本橋
12/26~有隣堂恵比寿店
12/26~有隣堂横浜店
12月中旬~伊勢神宮・おかげ横丁にて
 
詳細は決定次第、またメルマガやSNS等で皆さんにお知らせします。お近くの方はぜひ足を運んでみてください。
最後にこっそり。大野が手ぬぐいの新デザインを執筆中です。発表をお楽しみにしてください^^