本品堂工房メールマガジン「日々雑想」第37号

祖母に届ける絵本

ーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
先日母の母に、絵本を贈った。
 

少し認知症が進んでしまって、簡単でも字を読むと良いという。絵がついていると読みやすいでしょうから、と「絵本を探してくれないかしら」と母から頼まれた。

母の母というと、薔薇の花。関西に住んでいた頃は、小さな庭に毎年薔薇の花を咲かせていた。これは結構大変なことらしい。ーー薔薇が綺麗に描かれた本はないかしら。しかし本屋さんで探した、薔薇の花が綺麗な絵本の内容は少し寂しかった。しかもちょっと長い。

ファンタジーでは無いなあ。母の母はリアリストなのだ。青春は戦争のひと。いつも地面にしっかり足がついている。きっと今も芯はそうだろう。それにいくら少し分からないことが増えたからって、赤ちゃん向けでは嫌な気持ちになるかもしれない。もっと大きな本屋さんに来ればよかったかなと思いながらあれこれ悩む。
 
結局少し時期がずれてしまったけど「つばきレストラン」という本と「あさになったのでまどをあけますよ」「とらっくとらっくとらっく」にした。車の本?実は母の母は、バイク屋の女将さんだったので、エンジンの匂いが好き。前の二冊は絵がとても美しく、内容は希望があふれていた。


会いに行くことができるなら、一緒に読むことができるのに、と思うと少し悲しい。
でもその人のことをじっくり考えながら贈り物を考える時間はとても良い時間のように思う。
 
 
 
書き手:工藤資子

 
 
ーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーー
 
● 「母の日の贈りもの」特集 ●
 
お贈り物にお使いいただくことが多い本品堂ですが、贈られた方からもお喜びのメッセージをいただくことがとても増えています。みなさまのお気持ちを伝えるお手伝いができることを、とても幸せに思います。
 
4月に入って、少しずつ母の日にむけた贈り物のご相談や、お届けが増えています。今年の母の日は5月9日(日)。送りものに人気の文様や、母の日にオススメのアイテム等、特集ページでご紹介しています。想いをお届けするギフトの検討に、ぜひご覧になってみてください。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーー
 
● イベント出展予告 ●
 
第3回 銀座・暮らしの商店街
5月7日〜5月12日
銀座松屋8階にて
 
久しぶりとなる、工房外でのイベント出展のお知らせです。毎年参加させていただいている、銀座・松屋さんの「暮らしの商店街」に今年も出展いたします。
 
昨年はコロナのため中止となってしまい、2年ぶりの開催となります。銀座なので、関東県の方にはアクセスお良く、お立ち寄りいただき易い機会です。期間中は殆どの時間、大野か工藤が店頭にいる予定です。
 
新しいアイテムもご用意して皆さんとお会いできるのを楽しみにしています!次回はどんなものが出るか、詳しくお知らせできると思います!
  
 
ーーーーーーーーーーーーーーー