本品堂工房メールマガジン「日々雑想」第59号

テキスタイルのこと。


皆さまこんにちは。

ここのところ寒暖の差がありますね。
暖かいと思ったら夜寒く、朝涼しいと思っていたら日中は暑い、と、なかなかちょうど良い気候とはいきませんね。
 

上着ばかりか、寝る時の毛布まで悩みますね。 

皆さまは体調を崩されたりしていませんか? 


さて今回はテキスタイルのお品を紹介します。 

文様が大好きな大野が、伝統柄から着想を得て自由に描き出したデザインの数々。 
その中から、読書の秋ということでブックカバーを新しく作りました。 

テキスタイルデザインの中から選んだ柄は 

 ・杉菱(すぎびし) 
 ・滴千鳥(しずくちどり) 
 ・六弥太格子(ろくやたごうし) 

の3つ。
和名を付けるので、伝統柄なのかな?と分かりますが、どれもモダンなデザインに仕上がっています。 


また今回、オンラインショッピングでは販売していなかった、バッグやポーチを一度にご紹介しています。 
デザインを見るだけでも楽しくなる、品の良い可愛らしさ。 

ぜひぜひご覧ください!! 

書き手:工藤資子

詳しくはこちら

 
 

大変ご好評をいただいているトラぐるみ。


製作が追いついていないため、お待ちいただける方に「予約販売」という形で、お届けいたします。
本日「11月上旬頃お届け予定分」を数量限定でカートにお入れします。

お待ちいただいていた皆様、ぜひご覧ください!

詳しくはこちら