本品堂工房メールマガジン「日々雑想」第43号

工房のポストを作るー久しぶりのDIY

ーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
先週末は、久しぶりに大工道具をひっぱり出して、日曜大工。
 

工房玄関の改修工事にあわせて玄関ポストを探したのですが、なかなかイメージに合うものがない…ならば自分達で作ってしまえと、ひさびさのDIYです。
 

あまりピカピカのは苦手なので、ずっと前からそこにあった感じのがいいねーと相方と相談。風雨にさらされる事も考えて、ちょうど工房にあった松の古材を使うことにしました。サイズは大きめの封筒が入るくらい?厚みはこれくらいかな…あれこれと考えて、いちおう図面らしきものも描いてみたりして。それ程強度が求められるものでもないので、作りもカチッとし過ぎないよう手鋸で加工して。
 
 
扉のポストマーク「〒」は、娘が描いてくれた下絵にそって端材を削り出し。アクリル絵具で赤く塗って貼り付けると、なかなかポストらしい佇まいになりました。玄関先に取り付けてみるとサイズも丁度良い感じ。うん、なかなか本品堂らしいポストです。
 

玄関先には骨董屋さんで見つけた小振りな「つくばい=石製の水鉢」と鉢植えも並べました。本当に少しずつですが、お客さんをお迎えできる空間になってきた工房。
アトリエに置いた木製棚も、中に並べる製品をあれこれ入れ替えてみたり、試行錯誤しながら空間を作っています。早く皆さんに遊びにきていただきたい気持ちでいっぱいです!


緊急事態宣言の状況次第ではありますが、宣言解除されるようなら、また「工房直売会」を開きたいと思っています。日程・時間など状況を見つつ検討していきますが、おそらく先日の蔵出し市と同じように予約制になるかと思います。また詳細決まり次第、メルマガ・SNSでご案内いたします。皆さまと早くお会いできる日を、心待ちにしています!
 


書き手:大野耕作

 
 
ーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーー
 
● 父の日の贈りもの ●
 
お父さんに贈るのにおすすめはなんですか?と聞かれることが増えました。 
そうか、もうすぐ父の日ですね。本品堂の製品は、男性の方にも好まれる製品が多くあります。そんな組み合わせを、お勧め製品としてセットアップしてみました。定番の合財袋は、近所のお出かけ手提げとしても使いやすい。何より粋です。またこちらも定番、守袋は貴重品を入れて、バッグや引き出しの中にしまえます。
 
アクティブなお父さんには、ハンケチも添えて。ハンケチは、柄によってさまざまな織の高級コットンを使用しています。ギフトの中には柄の説明だけでなく、生地の説明もしっかり書いたものが同封されています。素材にこだわるお父さんにはぴったりのギフトになりそうです。
 
6月16日までにご注文いただければ、20日までにお届けします。どうぞ、特集ページをご覧になってみてください。(上のサムネイル画像をクリックすると、特集ページに移ります)


ーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーー
 
● 新製品予告「うずら」 ●
 
この柄はとても人気があって、守袋を作ったら「お座布団で!」というリクエストがとても多い柄でした。そのお声にやっとお応え出来そうです。
 
うずらについては、子供が幼い頃、幼稚園でうずらを飼っていました。教育の一環で「今週末は誰々のお家でお泊まり」というように、うずらに負担がかからない程度に持ち回りで餌やりをするため持って帰ってきました。
 
子供もうずらがとても好きで、よく観察していました。大野がその観察する子供の姿と、うずらをよくデッサンしていたのですが、そのデッサンが元になってこの図案が生まれました。
現在お座布団を作ろうと、試作をしつつサイズのバランスを調整中です。ただ拡大するだけだと、バランスが悪くなってしまうことが多いので、意外に時間がかかります。ぜひぜひ楽しみにしていてください。
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーー