本品堂工房メールマガジン「日々雑想」第65号

お散歩のお供に

テキスタイル舟型トートバッグS「滴千鳥」

世の中が少しずつ動き出した感じの11月。
秋の空の気持ち良さも手伝ってか、自然と意識もドアの外へ向かいます。まだまだコロナ対策は必要だけれど、みなさん用心しつつも、少しずつ日常を取り戻そうと工夫されているような気がします。
そんな影響でしょうか、オンラインストアでもこのところ「テキスタイル・トートバッグ」のご注文が多くなっています。もともと少量しか製作していないので、あまり僕たちも大きく宣伝してこなかったのですが、実は工房のアイテムの中でも静かな、けれども根強いファンの多い製品の一つです。

使いやすい大きさと、しっかりとした作りに定評があり、Sサイズはちょっとしたお出かけ・お散歩に最適なサイズ。Lサイズは雑誌や事務用ファイルも十分入る大きさで、一泊程度の旅行にも使えるサイズ感。どちらも中芯がしっかり入っているので、荷物が少ない時も多い時も、シルエットが崩れないのも特徴です。
デザインは日本の伝統文様をテーマにしながらも、本品堂・大野が自由な感覚で描いた、少しモダンなデザイン。なので普段の洋服だけでなく、キモノにも合わせやすいと評判です。

上の画像の「トートバッグ舟型S」は、正面からの見た目は小ぶりですが、マチがとっても深いので、見た目を裏切るほどの収納力も。でも使わない時は、マチを倒して折りたためばペタンコに。ご旅行の際のセカンドバッグとしても重宝していただけます。
今年は秋に入ってから気候の変化が穏やかで、街歩き・散策には最適な気温が続いています。ゆったりとしたお散歩のお共に、ぜひ一緒に連れ出してやってください。

詳しくはこちら 

●有隣堂アトレ恵比寿店POP-UP  いよいよ明日11月11日まで!

●本品堂「工房直売会」  12月2日(木)〜12月5日(日)