本品堂工房メールマガジン【日々雑想】第67号

試験シーズンに、想いを込めて

守袋「達磨」

朝晩冷え込んできましたね。皆さまお変わりありませんか? 

さて、だんだんと様々な試験のシーズンになってまいりました。ラストスパートといったところでしょうか。 
本品堂でもこの時期、やはり「守袋」をお守りを入れる袋として使っていただくことが多いシーズン。 
ご自身に選んだり、近しい人へ応援の気持ちを込めて贈ったりすることがとても多いです。 

コツコツ積み上げていくのは本当に大変なことですが、皆さまの勉強や修練のモチベーションを上げるのに一役買うことができるなら、この上なくうれしく思います。 


人気柄の柄をご紹介しますと…
【的矢】目標に向かって一直線、大当たり。
【茄子】「物事を成す=茄子」で目標達成。
【梅に文】梅は学問の神様・菅原道真公の象徴。
【蜻蛉】「勝ち虫」と呼ばれ、不退転の決意を表す。


また上の画像のお客様のように、挫けない決意、七転び八起きで目標達成の【達磨】の柄も人気です。 

本品堂の達磨はちょっと飄々としていて、重くないのが◎特徴なのです。気負わず向かっていただければ…

ちなみに、上の画像には「健闘をいのる!わたし。」と、ご自身へのかっこいいコメントが付いていました。 (お客様です^^お写真の許可をいただき感謝です。)

私たちも皆さんの想いにきちんと添えるよう、一つ一つ丁寧に、大切に、作ってまいりますので、よろしくお願いいたします。

 

書き手:工藤資子

本縫い小座布団「栗」

栗のお座布団が、まもなく今季分が終売となります。

毎年秋に顔を出しております「栗」のお座布団ですが、そろそろ冬にさしかかりますので、11月21日(日)までにいただいたご注文分をもって今季の制作分は締め切りとなります。(発送は11月26日以降)

本品堂の愛らしい三つ盛りの栗文様。
房の金茶の絹糸は、栗きんとんの色そのものです。
ご検討中の方は、ぜひこの機会にお求めくださいませ。

詳しくはこちら

● 今後のイベント予定 ●
本品堂「工房直売会」 12月2日(木)〜12月5日(日)