本品堂工房メールマガジン【日々雑想】第69号

新商品「刺繍ハンケチ」

刺繍ハンケチ「椿」

窓から空を見上げると、雲ひとつない気持ちの良い青空が広がっていました。
朝から自転車に乗って、浅草の染料屋さんに買い出しに。カラリとした空気と、抜けるような空が気持ち良く、ちょっと良い気分でお使いから帰ってきました。

さて、工房に戻ってからは新製品の準備でバタバタと。今日からオンラインストアで発売される「刺繍ハンケチ」です。

工房でも定番の人気商品「ハンケチ」ですが、実は「刺繍」のハンケチはずっと作りたいと思っていたアイデアの一つ。
「本品堂のアイコン的な文様を、刺繍の立体感のある表現で作ったら、どうなるだろう…?」と以前から想像を膨らませていました。
先日、ようやく思い立って刺繍工場の職人さんに相談したところ、何だか電話で意気投合。「いいですね、すぐサンプル作りましょう」そのまま高いテンションで、デザインや試作のやりとりがすごいスピードで進んでいく。

大野「このお花の輪郭、もう少し曲線なめらかになりません?」
刺繍屋さん「じゃあ、ここの糸密度を変えてみましょうか」
大野「この部分、もっと立体的にできます?」
刺繍屋さん「それなら刺繍の刺し方を変えてみましょう」

 「打てば響く」という感じだろうか。
こういうテンポの良いモノづくりは楽しい。
目指したいデザインイメージに向かって、技術を知り尽くしたプロが、的確な道筋を案内してくれるような感覚だ。

そうして1週間後に届いたサンプルは、期待通りのできばえ。
上質なオックスフォードの清潔感のある白生地に、立体感のある文様がふっくらと刺繍されていた。光沢感のある刺繍糸は、光にかざすと上品な輝きを見せて、かわいい文様も少し大人びた雰囲気に見せてくれる。

そんな素敵な「刺繍ハンケチ」、本品堂製品の仲間入りです。柄は全部で5種類。

もちろん、フチの縫かがりはいつもの上質な「千鳥縫い」で。カジュアルにも、ちょっと上品な装いにも合わせられる一枚。ぜひご覧ください!

書き手:大野耕作

刺繍ハンケチを詳しく見る

 

● いよいよ来週木曜日から、「工房直売会」 ●
直売会ならではの珍しいアイテム・限定のお品も並びます。
今回は事前予約も不要。ぜひ浅草散歩がてらお出かけください!
本品堂「工房直売会」 12月2日(木)〜12月5日(日)