本品堂工房メールマガジン【日々雑想】第80号

出会いと別れの季節

守袋カード

少しずつ気温も上がり、窓からの暖かい日差しを感じて、身体が嬉しくなる日が増えてきました。その一方、春は花粉症持ちにはつらい時期でもあります…皆さまいかがお過ごしでしょうか。
3月になり、年度末に向けてライフステージや環境の変化を迎えられる方も多いかと思います。房でも、贈りもののご注文がとても多くいただいております。

儀礼的なギフトというよりは、「あの人にはこの柄が…」と相手の方のお顔を思い浮かべながら、心を込めて選んでいただく方が多く、作り手としても、とても嬉しく感じています。

房では文様や製についてのご相談も承っておりますので、ご質問等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

守袋「竹」

異動される上司・同僚の方へ。新天地での更なる飛躍・活躍を願って成長・目標達成の「竹」の柄を。

守袋「達磨」

進学・就職など、新たなライフステージへと羽ばたいてゆく、ご家族や教え子の方には、困難に挫けず目標達成を意味する「達磨」の柄を。

守袋「松」

また定年を迎えられる方へは「いつまでもお元気で」という願いを込めて長寿延命を象徴する「松」の柄を。


守袋カード

には一つひとつ、文様の意味が書かれたカードが付いているので、贈られた「文様の意味」が伝わるようになっています。

贈り手それぞれの「想い」を伝えるギフト。ぜひあなたのお気持ちのピッタリの製文様を探してみてください。