本品堂工房メールマガジン【日々雑想】第83号

桜の花ひらく

今週の浅草は、終盤こそ雨続きでしたが、それまでは日中暑さを感じるほどの気温に恵まれました。春の陽気につられて、浅草の街にも人が戻りつつあります。雷門のあたりも、少しずつですが賑わいを取り戻してきているように見えました。

浅草の染料屋さんに向かう途中、自転車で隅田川沿いを走っていると、気の速い桜の樹が数本、もう花を開かせていました。つい先日まで「梅の花はいいなぁ」と思っていたのに、季節が移ろうスピードは早いですね。

 さて、工房では今週も人気の「桜」柄を中心に、制作に集中していました。「桜」は繊細なグラデーションが魅力の柄。花の部分に彩色する「色挿し」にとても時間と手間がかかるため、一度に多くは作れません。ご注文をいただいた順番に、一つひとつ丁寧に仕上げていきます。


そんな製作の合間には、春以降のイベントの打ち合わせや、取材の対応。
「今年は無事にイベントが開催できますように」と願いながら、少しずつ先の予定を固めています。

近いところでは、4月13日から18日まで東京の百貨店、銀座松屋さんでのイベント出展があります。春の陽気の中、多くの皆さんとお会いできるといいなぁと願っています。皆さま是非遊びにお出かけくださいね。

 

大人なテイストが好評の「桜」

守袋「桜」

桜の柄はたくさんありますが、本品堂の、花を横から眺めた「横見桜」は比較的珍しいデザイン。上品なグラデーションが美しい。

合財袋「桜」

桜そのものの形ではなく、風に散る際の儚さや風情・空気感を表現した、合財袋の「桜」。華美を払った、大人向けのデザインです。

 

● イベント出展情報 ●

第3回 銀座・暮らしの商店街

会期=4月13日(水)-18日(月)
 会場=松屋銀座8階イベントスクエア
営業時間=10時00分-20時00分

会期中は、大野・工藤が売場に出ている予定です。
春の陽気の中、皆さまとお目に掛かれるのを楽しみにしています!
(イベント詳細は、後日また追ってご案内させていただきます)