本品堂工房メールマガジン【日々雑想】第86号

イベント準備も佳境に

松屋銀座「銀座・暮らしの商店街」限定先行発売アイテム

昨日の浅草は快晴の一日。染めの仕事には絶好の日和です。イベント出展の制作で、朝から染め場に張り付いて仕事をしていました。
 
染め場では、生地を乾燥させたり、蒸したりするためストーブやガス台を使います。冬場は暖かく感じる火元ですが、今日は動き回っているうちに暑さを感じる程に。つい先日まで寒い寒いと思っていたのに、急に季節のネジが巻かれたような感じです。結局、気がつけば昼前にはTシャツ姿になって動き回っていました。

 

さて、工房ではいよいよ来週13日から始まる「銀座・手仕事商店街」に向けての準備が佳境を迎え、制作にあわただしく動き回っています。

イベントのために用意した、先行アイテムも出来上がってきました。縫い小座布団の中でも人気の「うずら」を、春らしいヒワ色(明るい黄緑)で染め抜いた限定色。そして守袋・合財袋「燕」の限定色(水色)です。

こちらは今回、松屋銀座のイベントでの「先行発売」となります。あまり多くの量を一度に作れないため、1ヶ月くらいを目処にオンラインストアでも発売を予定しています

 

先行発売のアイテムたち

守袋「燕」限定色・水色

 

合財袋「燕」限定色:水色

 

青空や、水の流れをイメージさせる水色の生地で染め抜いた、守袋・合財袋「燕」の限定色。気持ちを明るくさせてくれる、爽やかな色合いです。

本縫い小座布団「うずら」限定色:ヒワ色

こちらは人気の縫い小座布団「うずら」の限定色。春の若草を連想させる「ヒワ色=明るい黄緑」が、お部屋の雰囲気をぐっと明るく変えてくれます。

他にも、普段オンラインストアではお出ししていない希少なアイテムもいろいろとお持ちする予定です。また「縫い小座布団」や「型染め額装」など、インテリア系のアイテムは色々な柄を実際に触れて選べるチャンスです。「以前から実物を見てみたいと思っていた…」という方、ぜひこの機会に足をお運びください!

期間中は、大野か工藤が売場に立つ予定です。型染めのこと、文様のこと、皆様と色々お話できるのを、今から楽しみにしております。春の陽気の元、ぜひぜひ皆さま遊びにいらしてください!

 

● イベント出展情報 ●

第3回 銀座・暮らしの商店街

【会期】4月13日(水)-18日(月)
【会場】松屋銀座8階イベントスクエア 
【営業時間】10時-20時(4月17日は19:00、最終日は17:00迄)

会期中は、大野・工藤が売場に出ております。
(休憩等により一時売場を離れることもございます。お越しいただいて店主不在の場合は、下記までご連絡ください)


※期間中のお問合せは、工房携帯(080-4003-3864)まで。